移動カフェと店舗カフェの違いは?安く開業できる方法も紹介!

キッチンカーやフードトラックなど、近年は移動カフェスタイルで開業する方が増えています。「こんなものまであるの?」といった豊富なメニューを取り揃える店舗も多く、さまざまな層からのニーズが高まっています。

この記事では、移動カフェと店舗カフェの違いや、移動カフェのメリット・デメリットについて解説します。これからカフェ開業を検討している方は参考にしてください。

移動カフェと店舗カフェの違いは?

そもそも移動カフェと店舗カフェには、どのような違いがあるのでしょうか。経営方法や費用など、それぞれの違いについて説明します。

経営方法

移動カフェは場所が固定されていない分、自由なスタイルで経営することができます。

営業時間は、状況に合わせて設定することが可能です。出店できる場所を把握した上で、お客様が集まりそうなところを選んで営業を行います。

一方、店舗カフェは場所が固定されているので、お客さんに来てもらうスタイルとなります。

営業時間も基本的には固定なので、自由度という点では移動カフェが高いといえます。

初期費用

移動カフェに必要な初期費用のうち、多くを占めるのが車両代です。新車の場合、軽トラックや軽ワゴンであれば平均約300~350万円、大型のワゴン車だと平均約400万円かかります。

一方、中古の場合は、100~300万円程度です。 

また、デザインや内装などによっても価格は変わってきます。

店舗カフェの場合は、賃貸物件を借りて店舗を確保する必要があります。

不動産の契約に必要な費用や改築・増築費、看板などの設置費用など、トータルで1,500万円ほどかかります。

土地を確保して一から建設する場合でも、初期費用に100~250万円、店舗の建設費用に約1,000万近くかかります。目安としては、賃貸と同じくらいの1,500万円ほどの開業費用が必要です。

売り上げや経費

移動カフェの売上は、天気や気温などその日の気候、あるいは周辺で行われるイベントの状況などに影響を受けます。

店舗と比べて水道光熱費や家賃などの出費がないため、諸経費が安く済むのが特徴です。

一方で店舗カフェの場合、売り上げは立地条件やその日の集客率に左右されます。家賃などの固定費や水道光熱費以外にも、店舗メンテナンスなどの経費が必要となります。

顧客の特徴

移動カフェは、その日によって移動場所が異なるため、固定客の獲得や広告効果、口コミなどの評価が集客につながりにくいという特徴があります。

訪れる人が営業日・場所を把握できるよう、SNSでスケジュールを告知するなど、情報配信の工夫が必要になります。

店舗カフェの場合、場所が変わらないので常連客を作りやすいという特徴があります。

営業時間も基本的には変わらないため、広告などの宣伝が集客につながりやすいといえます。

キッチンカーで移動カフェを開業するメリット

キッチンカーを使って移動カフェを開業するメリットは大きく分けて3つあります。

初期費用が安い

移動カフェの大きなメリットは、初期費用を安く抑えられることです。

移動販売に使用する車は、購入する以外にレンタルを利用することもできます。もちろんレンタル料はかかりますが、店舗を借りて賃料を払うより安く済ませることが可能です。

店舗カフェに比べて、3分の1から4分の1ほどの金額で開業が可能なため、できるだけ安く始めたいという方におすすめです。

人件費が安く賃料もかからない

人件費がかからないのも、移動カフェのメリットです。

テーブル拭きや食器洗いなどの作業が不要なため、店舗カフェと比べて人をそれほど雇わなくて済みます。場合によっては、一人で営業することも可能でしょう。

また家賃がかからないため、販売に使う車両の維持費を考慮しても、店舗カフェより月々の経費が安く済みます。

場所にとらわれずに開業できる

移動カフェは特定の場所に縛られることなく、人の集まる場所を選んで出店できるのも大きな魅力といえます。

人が集まらないと判断すれば、集客が見込める場所に変更することも可能です。

許可を得てイベントが行われている近くで営業したり、キッチンカーなどが集まるイベントに参加したりすることで、知名度を上げることも可能です。

移動カフェの開業にはデメリットもある?

多くのメリットがある移動カフェですが、デメリットもあります。

どのようなところにデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

スペースが限られている

移動カフェは車内の調理スペースが狭く、提供できるメニューが限定されてしまうのがデメリットといえます。

小規模で始められるため、開業のハードルは低いといえますが、経営が軌道に乗り、ビジネスをさらに拡大する場合にはスペースの問題がネックになるおそれがあります。

順調に売り上げを伸ばし、規模の拡大を狙っていく段階になったら、店舗を構えることも視野に入れた方が良いかもしれません。

天気や季節の影響を受ける

移動カフェは、経営する側もお客さん側も、天候や季節に影響を受けます。

車内は空調が十分でない上、営業中は窓を開けておくため、真夏は非常に暑くなります。

調理中は特に暑さが増すため、十分な暑さ対策が必要です。

また天候が悪くなったり、寒さが厳しい季節になったりすると客足が鈍ります。台風や積雪の程度によっては、営業すらできないこともあるでしょう。

天候や季節がダイレクトに売り上げに影響するため、売り上げを安定させるのがやや難しいのが移動カフェのデメリットです。

カフェを開業するならSTAND3.0もおすすめ

移動カフェは店舗カフェと比べて初期費用を安く抑えられるものの、開業にあたって移動販売車を手配したり、自分で出店場所を確保したりなど、さまざまな準備が必要になります。

初めてカフェを運営する人にとっては、負担がかかる作業も含まれるでしょう。

コストを抑え、かつスムーズにカフェを開業したいなら、屋台という業態でSTAND3.0も検討してみてはいかがでしょうか。

STAND3.0は低コスト・短納期で屋台開業ができるサービスです。

「開業一式プラン」なら、屋台のレンタルや出店     場所の確保、運営サポートなどを含めて月額53,900円(税込)〜、最短14日で開業することができます。

カフェの開業を考えているのであれば、ぜひ一度STAND3.0へご相談ください。

まとめ

移動カフェは比較的安い初期費用で開業でき、資金面の難しさから開業を諦めていた人でも簡単に自分のお店を持つことができます。

メニューが限られる、天候に左右されるといったデメリットはあるものの、状況に合わせて場所を変えられ、自由なスタイルで営業することができます。

キッチンカーなどを自分で用意しなくても、レンタルを利用して開業することもできるため、移動カフェの開業を検討している方は、レンタルサービスも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。